夜中に寝付けず にスマホを片手にインターネットのバイクの記事を見ていたらは

加曽利さんのページにたどり着いた

この記事を書いているのは ポイントメンバーのハナです。

加曽利さんのホームページは情報豊かで楽しい そして また自分も行ったような気分になり本当にわくわくする

以前全部とは言わないが 加曽利さんの若い頃の海外の旅行や 様々な温泉地の話など 読み漁った時期がある

たぶん震災直後 仕事自体は暇なのだが 震災の後片付けや 親戚や知人の手伝いで バイクに乗れない時期が続いた

ポイントのメンバーの中には あの大津波で大切なバイクが流された それどころか家自体も流されたそんなメンバーもいた

そんな時に落ち着いたらまたバイクでツーリングをしたい そんな思いで加曽利さんの記事をを行ったつもりで読みふけったこともあった

悲惨な東日本大震災後 バイクブログの記事が楽しみの一つでもあった

 その中の一つが カソリング

バイクに乗れない時期が続いた なんせ福島県は バイク通行禁止の区間があったぐらいなのです

この記事を書いているポイントのメンバーである私自身も 少しバイクから離れたような時期もあった なぜなら 家族から 放射線物質を吸い込む危険があるので バイクに乗らないでほしい そう言われていた

 今思えば 自分自身はコロナ直後のマスク不足は皆無 というのは 仕事場の倉庫に震災の時に差し入れてもらったマスクがたんまり山積みに ほこりもかぶっていたが何とか使える状態でした。

11年前の東日本大震災の時の放射能のチリよけのマスクで 10年もたたずにまたコロナマスク 福島に住む人たち 特に原発に近い場所の人たちは 他の地域の方に比べて倍の期間 マスクをしている状態だろう

以前 加曽利さんの湯本近辺の温泉巡りに 偶然トライアル車で出くわした事があった 2007年の6月の記事なので 東日本大震災が起こる4年前 みんなバイクにのり 盛んにいろんなところへ繰り出していた 本当にいい時代だった

当時の記事

なんとあらためて 記事を見てびっくり

まさにタイムスリップしたかのように あの頃のポイントのメンバーが みんなキラキラ輝いた顔をして 写真に写ってるではありませんか

今から15年前の自分が写っています あの時の加曽利さんの年齢は 55歳ぐらいでしょうか

夜中に見て嬉しいやら恥ずかしいやら またあの頃に戻りたい 2007年と言うと今から15年前

震災前の15年前の写真を前に 改めてあの時は生き生きしていたなそう感じました

さあ 今日もバイクに乗るぞ!

目指せ 賀曽利隆!大先生

加曾利先生 ぜひ 東北に 

福島にくる際は お立ち寄りくださいね。 

サポートさせていただきます。

さあ今乗らないとどんどんどんどん年をとって行って後悔するぞ

どこからかそんな声が聞こえてきました

バイクに乗ってみたいのってみようかなそんな方でもお気軽にご相談ください

モーターサイクルガレージポイントはあなたのバイクライフを応援する力強いバイク屋です

さあ バイクに乗ろうよ! 今しかないよ!

  

モーターサイクルガレージポイントは あなたのバイクライフを応援します。 0246-54-8337 

モーターサイクルガレージポイントの
   いわき情報のランキングは 何位かな?

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ いわき情報へ
にほんブログ村

ぜひ ぽっちと押して応援おねがいするます。

モーターサイクルガレージポイントは あなたのバイクライフを応援します。 0246-54-8337 

このエントリーをはてなブックマークに追加

By はなはなポイント

モーターサイクルガレージポイントメンバーの一人です。 お世話になっているポイントさんのブログを作っています。